ABIOMED社製 体外設置式補助人工心臓


補助人工心臓
(Ventricular Assist Device : VAD)
急性あるいは慢性心不全に陥ってしまった心臓の代わりに
心拍出を補助するシステムです。
・開心術後の体外循環離脱困難
・術後心不全(LOSなど)
の急性期心不全の一時的循環補助や、拡張型心筋症(DCM)など
慢性心不全から心移植までのBridge Useとして使用されます

BVS5000血液ポンプ(販売終了)
BVS5000両心室補助システムは、可逆性の心不全に陥った患者に使用する機械的循環補助装置です。
本装置の目的は、循環補助を行うことによって心室の仕事量を軽減させ、心臓が十分な機能を回復するまでその機能を代行することです。本装置は、短・中期間の使用を目的としています。

AB5000血液ポンプ
基本的な使用目的はBVS5000と同様ですが、BVS5000より患者搬送を容易とすることが特徴です。

AB5000コンソール
BVS5000血液ポンプ・AB5000血液ポンプを駆動するのに必要な駆動装置です。 1台で左心・右心・両心補助が可能。

大きさ・質量 W58.4cm×D30.5cm×H73.7cm 43.5Kg :本体のみ
       W71.1cm×D45.7cm×H96.5cm 70.3Kg :カート搭載時
ABポータブルコンソール
AB5000コンソールの汎用型駆動装置です。
AB5000コンソールと同等の機能を有し
この装置も 1台で左心・右心・両心補助が可能です。



大きさ W28.0cm×D38.1cm×H12.7cm
質量  8.6Kg

その他製品情報